[PR] 賃貸情報
FC2ブログ
今日のニュースを辛口で!
注目にニュースに辛口で一言。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふざけんなよ!
なんでそんなに立派な家が必要なんだ。
どうせいらないものまでそろってんだろうが。
庶民を見てみろ。
お前がそこに住めば国民が助かるのか?
やってみろ!

CD-R

CD-R ALL-WAYS

CD-R eMark

CD-R Hewlett-Packard

CD-R HexaLock

CD-R King Tech

CD-R MAG-LAB

CD-R MonotaRO

CD-R Philips

CD-R RITEK


公邸暮らしスタート
福田康夫首相は14日、東京・野沢の私邸から首相官邸に隣接する公邸に引っ越した。昨年9月の就任以来、公用車で約20分かけて官邸に通っていたが、ようやく公邸での生活をスタートさせた。
 家財道具などの搬入は既に済ませており、同日午前、首相は手提げかばん1つを持って公用車で私邸を出発、“新居"に到着した。
 当初は昨年11月にも引っ越しする予定だったが、新テロ対策特別措置法をめぐり国会が2度も延長されたことに加え、米国や中国への訪問が重なったため先送りに。昨年末に1晩だけ公邸に泊まった際には、「泊まって1晩たって、くたびれました」とこぼしていたが、「職住接近」で18日召集の通常国会に備える必要があると判断したようだ。 
引用 ヤフー
スポンサーサイト
分かった、やってみる!
そうなのか?
だんだんそんな気もしてきた。
今度飛行機に乗る時は待ち時間を多めにしよう。
何度かやる。
それで女ができなかったら覚えとけ!


待ち時間は恋愛のチャンス?
米国の空港で飛行機の発着遅れが深刻化する中、成人旅行客の10人に1人が待ち時間にバーなどで新しい出会いや恋愛を経験したり、そうした経験談を聞いたりしたことがある-英・オランダ系日用品・食品大手ユニリーバの男性用化粧品ブランド「AXE(アックス)」がこのほど行った調査で、こんな興味深い実態が浮かび上がった。
 
同調査はもともと、「新しい出会いに一番いい空港はどこか」という視点で全米37空港をランク付けしたもの。1位はフィラデルフィア国際空港で、発着遅れの比率が32%、平均60分の遅れと、全米でも有数の遅れが目立つ空港。2位のニューアークなど、遅れがより深刻なニューヨーク地区の空港を抑えての首位は、「バーが16、ラウンジが7、レストランが57」と施設が充実、出会いのチャンスが多いためだという。
 
そして、この調査で明らかになったのが、米国の旅行客が発着遅れの待ち時間を意外に楽しんでいるという事実だ。待つ座席を選ぶ場合も、「成人の3分の1は自分が魅力的だと思う人の隣に座ろうと考えている」という。
引用 ヤフー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071222-00000061-jij-int
愛のムチは必要だ!
こういう教師がいるから教育界がダメになるんだ。
体罰と愛のムチは違うぞ。
愛をもって接すれば子供にも絶対伝わる。
教育に力は絶対に必要だ。
あくまで愛を持って!


小4男児、教諭の体罰で脳しんとう
神奈川県厚木市の市立妻田小学校で11月、4年生の男児(9)が担任の男性教諭(52)に後頭部を教卓に打ち付けられ、脳しんとうを起こしていたことがわかった。

 市教育委員会によると、教諭は11月19日、男児が給食当番なのに廊下で遊んでいたため、腕をつかんで教室に引き入れようとした際、手を払われたことなどに腹を立て、男児の額をつかんで後頭部を教卓に打ち付けた。

 男児は病院で診断を受け、翌日は大事をとって休んだが、以降は通学しているという。

 教諭は担任を外され、「強く2回以上やったが、あとは覚えていない。してはならないことをしてしまった」と話しているという。
引用 ヤフー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071222-00000304-yom-soci
消えろ紅白!
いい加減にあきらめろよ。
紅白の時代はとっくに終わった。
五木?いらねぇーよ。
見たくねぇーよ。
視聴率が欲しけりゃ”紅白お笑い合戦”にしろ。
絶対いける!


紅白、ヒット曲不足の今年は阿久悠ヒッパレずらり
出場歌手56組の曲目が発表された第58回NHK紅白歌合戦。ヒット曲不足の今年は、歌手の代表曲をズラリと並べる堅実な作戦に出た。とくに今年8月に死去した作詞家、阿久悠さん(享年70)の作品からは、紅組が「津軽海峡・冬景色」(石川さゆり)と「あの鐘を鳴らすのはあなた」(和田アキ子)。白組は「契り」(五木ひろし)と「北の蛍」(森進一)をじっくり聞かせる。

 「4曲固めてやるかどうかは今練っている。バラバラにする可能性もある」と三溝敬志チーフプロデューサー。関係者によると、トリは石川、大トリは今年、紫綬褒章を受章した五木が濃厚だが、「石川、五木コンビによるトリは2002年もあった。単なるプレイバックにならないように斬新な演出が求められる」(音楽関係者)という厳しい声も。

 阿久悠作品以外も名曲ヒットパレードの様相だ。今年が生誕70周年の故美空ひばりさんの映像と小椋佳が特別企画で「愛燦燦」をデュエット。

 さらに紅組は、「夜桜お七」(坂本冬美)▽「無言坂」(香西かおり)▽「珍島物語~絆~」(天童よしみ)▽「ハナミズキ」(一青窈)▽「Jupiter」(平原綾香)。

 白組は「帰ろかな」(北島三郎)▽「さそり座の女」(美川憲一)▽「兄弟船」(鳥羽一郎)▽「君は薔薇より美しい」(布施明)▽「そして、神戸」(前川清)といったラインアップ。

 久々に復帰した「待つわ」(あみん)、「ルビーの指環」(寺尾聰)、徳永英明が大ヒットしたカバーアルバムの収録曲から選んだ「恋におちて~Fall in Love」(オリジナル=小林明子)も披露する。

 番組終了後、思わずカラオケボックスに行きたくなりそうだ。
引用 ヤフー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071221-00000002-ykf-ent
浦和が強いんじゃない、ミランが弱いんだ、馬鹿!
なに絶賛してんだ、馬鹿野郎が。
浦和なんてヘボチームだ。
そのチームに対してあのゲーム内容。
ミランが弱いんだよ。
あれで天下の欧州のチャンピオン?
ほかのクラブチームは泣いてるよ。
情けない!


伊メディア絶賛「レッズがサプライズ」
来日前は浦和のことを全く知らず、日本サッカーを格下に見ていたイタリア人記者の認識は、セパハン戦、ミラン戦で完全に覆っていた。

 全国スポーツ紙「コリエレ・デロ・スポルト」のフェデーレ記者は断言する。「今大会のサプライズチームは間違いなく浦和。特にアベ、ソウマら日本人が素晴らしい。ハセベもイタリアで通用するだろう」。助っ人ではなく、日本人の名を挙げて驚きを表現した。

 ミランのベルルスコーニ会長が所有するテレビ局「メディアセッテ」で数十年、セリエAや欧州CLの中継を担当しているブルーノ・ロンギ記者も「正直、浦和がこれほどやるとは思っていなかった。速くて、強くて、技術もしっかりしている」と絶賛した。

 イタリア人記者にとっては、選手以上に、熱狂的なサポーターが強烈な驚きだったようだ。ロンギ記者は「イタリア人監督を迎えれば」と前置きしつつも「あのサポーターの存在を考えれば、セリエAでUEFA杯出場権(5~6位)を争うことは可能だろう」と仰天発言。フェデーレ記者も「日本は昔、チアホーンで応援していたけど、今は完全に欧州スタイル。浦和のサポーターは世界に誇れる集団。選手が成長するためにもとても重要なことだ」と話した。

 欧州ビッグクラブと日本クラブとの初の真剣勝負となった歴史的な一戦。「世界一」を自負するイタリア人に強烈なインパクトを与えたという意味でも、大きな収穫があった。
引用 ヤフー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071214-00000027-spn-spo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。