[PR] 賃貸情報
FC2ブログ
今日のニュースを辛口で!
注目にニュースに辛口で一言。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
浦和が強いんじゃない、ミランが弱いんだ、馬鹿!
なに絶賛してんだ、馬鹿野郎が。
浦和なんてヘボチームだ。
そのチームに対してあのゲーム内容。
ミランが弱いんだよ。
あれで天下の欧州のチャンピオン?
ほかのクラブチームは泣いてるよ。
情けない!


伊メディア絶賛「レッズがサプライズ」
来日前は浦和のことを全く知らず、日本サッカーを格下に見ていたイタリア人記者の認識は、セパハン戦、ミラン戦で完全に覆っていた。

 全国スポーツ紙「コリエレ・デロ・スポルト」のフェデーレ記者は断言する。「今大会のサプライズチームは間違いなく浦和。特にアベ、ソウマら日本人が素晴らしい。ハセベもイタリアで通用するだろう」。助っ人ではなく、日本人の名を挙げて驚きを表現した。

 ミランのベルルスコーニ会長が所有するテレビ局「メディアセッテ」で数十年、セリエAや欧州CLの中継を担当しているブルーノ・ロンギ記者も「正直、浦和がこれほどやるとは思っていなかった。速くて、強くて、技術もしっかりしている」と絶賛した。

 イタリア人記者にとっては、選手以上に、熱狂的なサポーターが強烈な驚きだったようだ。ロンギ記者は「イタリア人監督を迎えれば」と前置きしつつも「あのサポーターの存在を考えれば、セリエAでUEFA杯出場権(5~6位)を争うことは可能だろう」と仰天発言。フェデーレ記者も「日本は昔、チアホーンで応援していたけど、今は完全に欧州スタイル。浦和のサポーターは世界に誇れる集団。選手が成長するためにもとても重要なことだ」と話した。

 欧州ビッグクラブと日本クラブとの初の真剣勝負となった歴史的な一戦。「世界一」を自負するイタリア人に強烈なインパクトを与えたという意味でも、大きな収穫があった。
引用 ヤフー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071214-00000027-spn-spo
スポンサーサイト
お前らに欧州№1の資格はない!
最悪だ。
がっかりだよ、ミラン。
これが欧州№1のチームか?
相手は浦和だぞ。
お前らにしたら素人も同然だろうが。
浦和だぞ。
つまらん試合だった。
ブーイング!


ミラン、浦和を1-0で下す
サッカーのクラブ世界一を争う「TOYOTA プレゼンツ FIFA クラブワールドカップ ジャパン 2007」(以下、クラブW杯)は13日、横浜国際総合競技場で準決勝第2戦を行い、ACミラン(欧州代表)が浦和レッズ(アジア代表)に1-0で勝利した。ミランは16日の決勝で、南米代表のボカ・ジュニアーズと世界一の座を争う。浦和は決勝と同日の3位決定戦で、アフリカ代表のエトワール・サヘルと対戦する。

 浦和は準々決勝のセパハン戦と同じ布陣で、ワシントンと永井が2トップ。トップ下に長谷部が入り、鈴木と阿部がダブルボランチを組んだ。対するミランは、1トップにジラルディーノを置き、カカとセードルフがセカンドトップに入る4-3-2-1の布陣をしいた。

 前半の序盤は両者互いに譲らず、互角の展開。しかし、徐々にポゼッションで上回るミランがペースを握り、浦和は防戦一方になる。ミランはセットプレーなどから何度かチャンスを作るが、浦和の守備陣が何とか守り切り、0-0で試合を折り返した。
 
後半に入ると、ミランがさらに攻勢を強め浦和ゴールに襲い掛かるが、ゴールには至らない。ミランはジラルディーノに代えてインザーギを投入。すると23分、カカのクロスにセードルフがダイレクトで合わせ、ミランがついに先制点を挙げる。浦和は負傷の闘莉王に代えて山田、さらに平川をピッチに送り出し反撃を仕掛けるが、ミランはマルディーニを投入して1点を守り切った。
引用 ヤフー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071213-00000029-spnavi-socc
全世界の前で恥じさらせ、浦和!
ミランと浦和の試合はいらないよ。
俺は浦和の事を思って言ってるんだ。
世界中が観ているんだぞ。
そんな中でお前らは大恥をかくんだ。
目に見えているだろうが。
でもやるんだよな。
俺が見るのはミランの華麗なプレイだけだ。
それを演出するのが浦和だ。
We are Milan


俊輔確信!浦和が「ミラン食う」…
俊輔が強力エールを送った。13日のトヨタ・クラブW杯準決勝で、ACミランと戦うアジア王者浦和に、今季欧州CLで撃破したセルティックの日本代表MF中村俊輔(29)が12日、大番狂わせへの秘策を伝授した。イタリア代表MFピルロ(28)とブラジル代表MFカカ(25)への変則マークなどを提唱し、「勝機はある」と断言。日本のクラブが国際サッカー連盟(FIFA)の公式大会で欧州王者と対戦するのは初めて。その歴史的一戦での快挙達成を、力強く後押しした。

 欧州最強軍団を日本で誰よりも熟知するファンタジスタが、浦和の歴史的快挙実現に立ち上がった。「レッズはミランを食うんじゃないかな。今年のミランには去年ほどの勢いがないから、チャンスだよ」。

 運命のトヨタ・クラブW杯準決勝の前日、欠場したスコットランドリーグ戦を行ったグラスゴーから俊輔のメッセージが届いた。ミランを撃破した現役唯一の日本人選手の言葉には、値千金の重みがある。セルティックでは欧州CLで2年連続激突。現在治療中の左ひざ負傷を抱えて強行出場した10月3日のホーム戦では、絶妙なクロスでセルティック勝利の決勝弾を演出。セリエAレッジーナ在籍時も4度戦い、DVDで数え切れないほど分析しており、今季リーグ10位と低迷する強豪打破の方程式を誰よりも知っている。

 そんな俊輔が大番狂わせのカギは、中盤にあるという。「まずはピルロを抑えること。ガットゥーゾとアンブロジーニが簡単にピルロにパスをはたく間、両サイドバックは最終ラインを越えるところまでオーバーラップしている。それで一発でやられてしまう。このパスを出させないように啓太(鈴木)とかがケアしないといけない。中盤が勝負のカギだね」。俊輔も絶賛するピルロは正確無比なロングボールを武器とする。サイドバックと連動し、最終ラインを崩壊させる。日本代表の同僚のMF鈴木らに猛プレスを呼びかけた。

 第2の標的はカカだ。「前を向いたら誰も止められない。だから、ボールを持っていない時も誰か1人マークした方がいい」ブラジル代表司令塔の90分間密着マークを推薦した上で「カカには最終ラインの裏に広大なスペースを与えてはいけない。だから、ミランのようにラインを下げてカウンターを狙う戦術が一番。日本人の機動力とか敏しょう性には普段慣れていないだろうから、戸惑うと思う。得点も狙える」と指摘。DF闘莉王が最も得意とする水際での堅守速攻を提唱した。

 「レッズは親善試合でマンUとも戦っているから、海外の強豪相手に免疫もできていると思う。ホーム(日本)だから、絶対に勝機はある」大胆にも言い切った俊輔も、歴史的金星を心待ちにしている。
引用 ヤフー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071213-00000093-sph-socc
お前まだ寮に住んでんのか?
ダル、お前なにやってんだ。
結婚してんだろ。
子供もいるんだろ?まだ生まれてないのか?
なんで寮にいるんだ。
さっさと家借りて家族で住めよ。
馬鹿じゃないの。
俺だって家族と住んでるぞ。
父ちゃん、母ちゃんと。
早く出たい!


ダルの強制退去?中田のホームレス?
日本ハムに「お家騒動」が持ち上がった。2軍の千葉・鎌ケ谷の勇翔寮からダルビッシュ有投手(21)が今オフ、強制退寮を命じられる可能性が出てきた。基本的に独身選手に開放しており、現在は「404号室」に居住。出世部屋を、来季は高校生ドラフト1巡目・中田翔外野手(18=大阪桐蔭)に引き継ぐことが内定していた。だがダルビッシュが前日10日に固辞したことから、球団側は一夜明け、近日中に譲歩するよう説得する方針を決めた。
 
怪物を「家なき子」にするわけにはいかない。日本ハムが、ダルビッシュに異例の事情聴取を行う方針を固めた。現在使用している、勇翔寮の出世部屋「404号室」。中田を来年1月上旬に、入寮させる予定だった。球団は、11月に女優サエコ夫人と結婚したダルビッシュは退寮するものと考えていたが前夜、明け渡すつもりがないことが判明。一夜明けた11日、山田GMが「ちょっと話を聞いてみないといけない」と、早期の退寮勧告も含めた話し合いの場を持つことになった。
 
既婚者は退寮するのが球団の基本方針で、すんなりと中田へと「404号室」が継承される見込みだった。だが10日の都内での表彰式で、ダルビッシュは「困惑しています。荷物を運び出す時間もなさそうで、無理なんじゃないか」と難色。鎌ケ谷は、オフの自主トレの拠点。新婚生活をスタートするとみられる新居とは別に、来季も寮費の支払いはしながら、野球用具、家財道具などを、部屋にそのまま残しておくつもりだったようだ。
 
今月下旬にも行われる契約更改交渉で、山田GMらがダルビッシュの意向を聞いた上で、最終判断を下すことになる。同GMは「結婚もしたからね。基本的には独身選手だから…」。明け渡しに応じない理由を聞いた上で、特例を認める可能性もあるが、退寮を勧めるケースも十分にあり得る。特にただの“荷物置き場”のような状態での使用となれば「寮は倉庫ではないんだから」と同GM。管理する“大家”からの通告なら、現状ではエースでさえ拒否することは難しい。
 
新人合同自主トレ前の入寮、来月上旬までに方向性を出すことになる。ダルビッシュは今年、星野ジャパンでの長期合宿、北京五輪アジア予選など多忙なオフを過ごした。引っ越し準備がままならない“正当”な理由もある点も配慮する。特にこだわりがない中田はこの日、「いらないものがあるなら全部もらいますよ、もらえるなら」と軽いジョークを飛ばしたが、球団にとっては切実な問題だ。希代のスター候補が、怪物ホームレスにならないために「お家騒動」の早期解決を図っていく。
引用 ヤフー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071212-00000085-nks-spo
ロナウド出ねぇ~のかよ!
ロナウドはメンバーから外れる?
ま~、浦和相手にロナウドを出す必要もないが。
それでもロナウドのプレイが、ゴールラッシュが見たかった。
どっちみち格の違いが証明されるだろう。
浦和、ご臨終です!


「浦和を倒す!」 ACミラン、本気モード
欧州王者のACミラン(イタリア)は13日の試合に向け本番モードに突入した。10日午後に横浜市内で行った練習を、来日後初めて非公開で行いチームの士気を高めた。
 
関係者によると、前日までのフィジカル練習中心のメニューから一転し、綿密な戦術練習を行ったという。「試合なしで1週間過ごせることはあまりないし、集中力は高まってる」とMFアンブロジーニ。チームの好調さをうかがわせる一方で、「テレビで正確に情報を集める」と次戦への対策もぬかりがない。
 
エースのFWカカも「(クラブW杯の)トロフィーをイタリアに持って帰ることだけを考えている。そのために準備をしているのだから」と戦いを待ち望んでいた。
引用 ヤフー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071210-00000953-san-spo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。