[PR] 賃貸情報
FC2ブログ
今日のニュースを辛口で!
注目にニュースに辛口で一言。
”悪”死んでも悪!
こういう奴はもうどうする事も出来ない。
体の根っから”悪”なんだ。
骨・血・肉、体の全てが悪から出来ている。
そういう人間が世の中にはいるんだ。
変わる事が出来ない、変える事も出来ない。
死ぬまで、死んでも、”悪”だ! 


仮釈放中に殺人 再び無期懲役
岡山市で昭和40年に強盗殺人事件を起こし、無期懲役の判決を受け仮釈放中の平成18年、交際相手の女性を絞殺したとして、殺人罪に問われた溶接工、佐々木勉被告(62)に対する判決公判が30日、金沢地裁で開かれた。堀内満裁判長は「強固な犯意に基づく冷酷非情な犯行で、被害者の苦しみや恐怖は察するに余りある」として、求刑通り無期懲役を言い渡した。

 堀内裁判長は判決理由で、「動機の根底には強い独占欲と執着心があり、自己中心的」と指摘。犯行後の態度などからも「犯した過ちと向き合い悔いる姿勢は認められない」と断じた。

 一方、「仮釈放後26年間、新たな刑事事件を起こさず、社会内で更生の道を歩んできた」点を考慮。「極刑をもって臨むべき事案とまでは認められない」とした。

 判決によると、佐々木被告は18年6月27日、石川県白山市の自宅アパートで、当時交際していた飲食店経営、高杉泉さん=当時(52)=と口論になり、首を絞めて殺害した。

 佐々木被告は昭和40年12月、窃盗目的で岡山市内の民家に侵入。男性=当時(62)=を刺殺したとして強盗殺人罪などに問われ、41年に無期懲役の判決を受け服役。55年に仮釈放され、保護観察中だった。
引用 ヤフー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070730-00000075-san-soci
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック