[PR] 賃貸情報
FC2ブログ
今日のニュースを辛口で!
注目にニュースに辛口で一言。
なに?ぬかしてんだ!
何が結婚すると思っただ。よくそんな事が言えたもんだ。
それは結果論だろうが。芸能人がよく言ってる、”ビビッときました”に憧れてるだけじゃないんか。
とにかく俺は信じない、認めない、結果論だ。


引用 ヤフー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070627-00000008-oric-ent
相手と出会ったときに「結婚すると思った」、約4割
未婚者にとって結婚とは未知の領域。また、既婚者にとっても、他の人たちの結婚観や結婚事情には興味を惹かれるもの。オリコンでは、運命の出会いを果たし、そして結婚した人たちに、出会った場所、また出会ったときに感じたインスピレーションについてアンケートを行った。

まずは「結婚相手との出会いの場所」についての結果から。最も多かったのは【会社内】。実に約30%の人たちが社内恋愛を実らしての結婚となったようだ。次いで【友人の紹介】が20%強、【アルバイト先】が10%程度となっている。また男女を比較してみると、女性が比較的【アルバイト先】が、男性は【お見合い】がやや多くなっている。

年齢別で見たとき、各年代の特徴がはっきり表れた。まず20代では【アルバイト先】が圧倒に多く(25.8%)、他の年代の3~4倍ほどの割合となっていた。また40代では【お見合い】が比較的上位に来た結果となった。

次に、「出会ったときに結婚すると思ったかどうか」について。【結婚するとは思わなかった】が過半数以上の55.8%となっており、特に女性が多かった。「もともと友達だったし、相手には彼女がいたから」(愛知県/20代/女性)、「趣味も性格もぜんぜん違うので、接点はないと思った」などの意見もあり、まさに人生何が起こるのかわからないといったところか。

【なんとなく結婚すると思った】は33.4%。男女別で見ると、女性28.9%、男性37.9%で、男性の方が10%ほど高い数値となっているのが興味深い。男性の方が、運命の赤い糸を感じやすいということだろうか?それとも、運命の人だと思えばこそ積極的なアプローチに力が入り、結婚までたどり着くことが多いということなのか?

会った瞬間から【結婚すると思った】という、いわゆるビビビ婚は9.8%という結果に落ち着いたが、【なんとなく結婚すると思った】とこの【結婚すると思った】を合わせると、実に44.2%となり、実は結婚相手に気づかないだけで、運命の人は案外すぐ近くにいるかも?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
白鳥百合子のハプニングエロ映像!! ほんとヤバすぎ!!何回でも見ちゃいます!!そ
2007/07/31(火) 18:31:01) | 白鳥百合子のエロ映像!!完全におっぱいが見えてます・・・