[PR] 賃貸情報
FC2ブログ
今日のニュースを辛口で!
注目にニュースに辛口で一言。
家の扇風機、首骨折!
あの時はびっくりした。
俺がベッドで横になってたら、突然の騒音。
何事かと飛び起きてみたら、扇風機が首の部分からポキっと真っ二つ!
でも扇風機は偉かった。それでも回り続けていた。
”感動した!”
俺は捨てない。
今も首を垂らしたまま俺に風を送っている。


30年以上前の三洋製扇風機で火災24件、死者も2人
三洋電機は23日、東京都足立区で20日に発生し、80代の夫婦2人が死亡した住宅火災の火元が、1970年の同社製扇風機「EF―6EZ」だったと発表した。東京消防庁の調査で判明した。

 三洋によると、他の品番を含め、製造から30年以上たった同社製扇風機が原因とみられる火災は2000年からこれまで24件あり、足立区の火災を含め2人が死亡、2人が軽いやけどを負っているという。三洋は、30年以上前に製造され、現在も使われている扇風機約100機種の使用中止を呼びかける。

 扇風機は15年程度の使用を想定して設計されている。長期間使用すると、モーターなどの劣化により発煙や発火の恐れがあるが、三洋は具体的な発火原因は不明だとしている。
引用 ヤフー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070823-00000215-yom-soci
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
亡くなった老夫婦には悪いが、
これは30年前の電化製品を使い続けていた事がこういう事態を引き起こした。
これは「もったいない」精神じゃなく、
「ケチ」だろう。
もっとはっきり言うならただのバカ。
「無駄を省き節約して金を残す」から「節約する事に命を懸ける」になっている事がよくあるが、手段が目的に変化した悪い例ですな。
2~3年前に見た節約サイトで、洗濯にはいつも風呂水を使用していて水道代は確かに減ったけど、風呂水汲み上げポンプの電気代が予想以上にかかってしまい電気代>水道代となり、結局何の為の節約かという結論となっていた。
年寄りが賢人となるのは童話の世界だけで、現実にはバカは年を重ねる毎に頑迷になっていく。
子供がいるなら新しい扇風機くらい買ってやれよと思う。
今回の件は松下やパロマとは全く違う。
三洋が実に気の毒だ。

…それから、骨折した扇風機…
早く買え替えた方がいいですよ。
2007/08/24(金) 08:18:32 | URL | eco #8yMdQc8A[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック