[PR] 賃貸情報
FC2ブログ
今日のニュースを辛口で!
注目にニュースに辛口で一言。
お前に力はない!
いまさら何言ってんだよ。
今はただの教授だろ。
どんな力があるんだよ。
プライマリーだかプライバシーだか分からんが、庶民は苦しむ一方なんだろう。
喋りはいいから消費税を下げてみろ!


プライマリーバランス黒字化に消費税上げ不要
竹中平蔵慶応大学教授(前総務相)は30日、個人投資家向けのシンポジウムで講演し、マクロ経済運営の最優先課題はデフレの解消だと指摘、デフレ下では経済は拡大しない、と述べた。
 
また財政の建て直しも重要課題としたが、「2010年代初頭にプライマリーバランス(基礎的財政収支)を回復させるとの第一の目標達成には、消費税上げは全く必要ないことが明らかになりつつある。安倍政権も2011年度のプライマリーバランス回復は消費税なしでやると言えばよい。そのうえで、その後の社会福祉をどうするかは考える。一歩一歩前に進めていくことが重要だ」と述べた。 
 
日本経済については「この4年間2%強で推移している。日本の潜在成長率は、内閣府試算では2%弱で、潜在成長力を上回る良い経済状況が続いている」と評価した。そのうえで米国の潜在成長力は3%強だとし、「(日本経済を)3%水準に上げていけるかが問われている」と強調した。
 
来る参院選の争点についても「期待成長率を高める政党はどこかが問われるべきだ」と強調。年金記載漏れ問題が参院選に与える影響について「現状は間違いなく非常に大きなマイナス要因だ」と述べた。年金記載漏れ問題は年金の制度にかかわる問題ではなく、社会保険庁で生じた労働問題だが、国民感情からすれば許しがたい状況であり「残り1カ月で、国民にどこまできちんと説明できるかだ」とした。
 
中期的な為替動向について竹中氏は(1)世界的な外貨準備の資産構成の変化、(2)改革実行による3%成長実現への期待──を挙げ、「これから円は高い方に振れるだろう」との見通しを示した。このうち、外貨準備の資産構成に関しては「世界的に外準の使われ方が急速に変わってきている」と指摘。世界の外貨準備の円建て資産比率は8年前の7%から、現在3%まで低下したが、日本経済の回復に伴い「円建て資産への潜在的な需要が高まる」とした。
引用 ヤフーニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070701-00000746-reu-bus_all
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
経済学がわかってるのかなぁ・・あなたは。
2007/07/01(日) 19:25:46 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック