[PR] 賃貸情報
FC2ブログ
今日のニュースを辛口で!
注目にニュースに辛口で一言。
その通~り!
アタックチャ~ンス!その通~り!
まさにですね。
お前が言ってんじゃね~よ、って感じだ。
でもそんな男だから言えるんだ。
まず自分が分かってない。
なにを言っても通用しないな。
うらやましい!


「お前が言うか!」 亀田興毅がエリカ様を批判
主演映画「クローズド・ノート」(行定勲監督)の初日舞台挨拶で、腕組み仏頂面の態度に批判が集中し、自身の公式ブログやテレビ番組などで謝罪した人気女優、沢尻エリカ(21)について、プロボクサーの亀田興毅(20)が7日、出演したTBSテレビ系「サンデー・ジャポン」で感想を聞かれ、「(不遜な態度は)やっていい場所とそうでない場所がある」と沢尻を批判した。

 司会役の爆笑問題、太田光(42)がすかさず「お前が言うか!」と突っ込みを入れると「対戦相手にすることはあっても、お客さんに文句言ったりはせえへん」と返答。一方で、「(堂々たる振る舞いは)今の日本人にはなくていい。日本人は硬い」などと評価する場面もあった。沢尻が好みの女性かどうかを聞かれると「女の人は苦手やからな。好きでも嫌いでもない」とニヤリ。亀田はリング上で対戦相手に尻を振るなど、その態度を巡り批判が集中することが多い。
引用 ヤフー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071007-00000902-san-ent
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
亀田は本当に自分をわかってないのか??
こんな考え方はできないでしょうか??

 亀田興毅の失礼な発言は、客に喜んでもらうパーフォーマンスであり、さらに試合自体も盛り上げています(相手が怒って試合前からニュースになることもありますよね)。僕はあの態度が大嫌いですが、逆に相手選手を応援することで結局試合に興味が沸きます。いずれにせよ、ボクシングの試合を盛り上げ、宣伝してることは確かです・・・。彼らが意図してやってるかはわかりませんが・・・
 対して、沢尻エリカの件は自分のキャラを使い会場を盛り上げようとしたのかもしれませんが、映画自体のイメージダウンになってしまった感は否めません・・・今回の沢尻発言はニュースでけっこう取り扱われましたが、「クローズ・ノート」を見に行くことには関係なく、しかも沢尻エリカは映画内で女王様的な役を演じているわけではない。これでは、クローズ・ノートを見る時に沢尻発言のせいでイメージが崩れるという障害すら起こりえます。
同じ失礼な発言でも、自分の作品(ボクシングでは試合)を傷つけるような発言はプロならばしてはいけない。ボクシングの試合はやはり闘いです・・・。亀田の失礼発言は全て相手選手に対してのもので、試合の価値を下げたりや観客に対してマイナスになるものではなく、純粋に試合を盛り上げるための物・・・
 だからといって亀田の失礼発言を認めたくはないですが、「(不遜な態度は)やっていい場所とそうでない場所がある」ということは理解してるのかもしれませんよ。
 こんな考え方はおかしいでしょうか??もちろん、これは僕一人の意見でしかありませんが・・・
2007/10/07(日) 23:33:00 | URL | 名無し #-[ 編集]
亀田はボクサーで、沢尻は女優。亀田は戦うのが本業で、相手を煽りつつ話題を作り、試合を盛り上げる。

沢尻は戦う必要がない。

そんな違いを理解すれば、亀田の発言は的を射ていると思う。
2007/10/08(月) 14:53:41 | URL | socio #IRpJVCJ.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック