[PR] 賃貸情報
FC2ブログ
今日のニュースを辛口で!
注目にニュースに辛口で一言。
”エロルーム!”
あんなの完全に”エロルーム”だろうが。
あの部屋に女呼んで相当楽しんだんだろうが。
なにがモデルルームだ、馬鹿野郎。
明らかな嘘を言うな。
俺も”エロルーム”ほしい!


NOVA超リッチ社長室は「社内生活」のモデルルーム
「駅前留学」の次は「社内生活」-。経営破たんした英会話学校最大手NOVAの猿橋望(さはし・のぞむ)前社長(56)の代理人弁護士が、3日までに共同通信の取材に応じ、保全管理人が特別背任容疑に当たる可能性を指摘した関連会社との取引などの疑惑を「事実無根」と全面否定した。会社私物化の象徴と批判されたゴージャス社長室についても、猿橋氏は「自宅でも仕事ができるモデルルームだ」と反論しているという。大バッシングの中、逆襲に転じた形の猿橋氏だが、いまだ雲隠れは続いている。

 「会社私物化の象徴」と批判を浴びている大阪市浪速区のNOVA本社社長室。が、かつての“家主”で、経営破たん後は公の場に姿を見せていない猿橋氏が、驚くべき反論を試みた。

 代理人の弁護士によると、猿橋氏は豪華社長室を「自宅にいながら仕事ができる生活を紹介するモデルルームだった」と話したという。

 社長室は、330平方メートルで、床は真っ赤なじゅうたんに覆われ、机の上には人気キャラクターのNOVAうさぎのぬいぐるみ。室内には高級酒の瓶が並ぶバーカウンターが設置されている。部屋の奥の狭い通路を抜けると、茶室があり、隣の寝室には豪華なダブルベッド。極めつけは夜景がまぶしいジャグジー風呂だ。

 家賃270万円、内装費6000-7000万円という社長室。生活感が有るか無いかは微妙なところだが、相当なセレブ系ルームであることに間違いない。NOVAはテレビ電話を利用して受講できるシステム「お茶の間留学」で急成長を果たしたが、猿橋氏は、この社長室で「お茶の間仕事」を実践したようだ。

 また、猿橋氏が実質支配していた「ギンガネット」(大阪市)が「お茶の間留学」用の機材を仕入れ価格の数倍でNOVAに販売していたという保全管理人の指摘について、代理人は「数倍というのはとんでもない話」と疑惑を否定。仕入れ価格に開発費など約1万円を上乗せしただけと説明し「帳簿が残っているはず」と話した。

 代理人によれば、猿橋氏は高収入についても反論。赤字決算の年度にも億単位の収入を得たとされる点には代理人は「2006年度は配当を受け取っていない」とし、一部業務停止命令を受けた今年6月以降は無報酬で、10億円以上の私財を運転資金に充てたと主張した。

 代理人は猿橋氏の主張をまとめた意見書を、5日に大阪地裁と保全管理人に提出するという。

 受講料の未返納や講師への給与未払いなど負債同様、問題が山積するNOVA問題。代理人経由で反論したところで、猿橋氏が姿を消し続ける限り、関係者の怒りは収まらないはずだ。
引用 ヤフー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071104-00000002-sph-soci
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック