[PR] 賃貸情報
FC2ブログ
今日のニュースを辛口で!
注目にニュースに辛口で一言。
”華”ねーな!
悪いけど興味ない1戦だな。
なんというか2人ともこれといった華がない。
オーラがない。
柔道着だの、クリームだの、どうでもいいよ。
どっちにしても強い奴は強い。
強い奴が勝つ。
これが真剣勝負!


前田日明氏「正々堂々やったらいい」
7月16日に神奈川・横浜アリーナで開催される「HERO’S2007~ミドル級世界王者決定トーナメント開幕戦~」をいよいよ翌日に控えた15日、東京都内のTBS社屋内スタジオで行われた前日記者会見終了後、囲み取材に応じた前田日明HERO’Sスーパーバイザーが田村潔司vs秋山成勲の実現に関し、「やったらいいじゃないですか。正々堂々とやったらいい」とGOサインを出した。

前田氏はまず、UWF、リングス時代の後輩にあたる田村のHERO’S初参戦に関して、「もう10年も20年もできるわけじゃないから、1戦1戦頑張ってほしいね」とエール。田村が秋山戦を望んでいることについては、「やったらいいじゃないですか。正々堂々とやったらいいし、秋山としても試練になるし、問われるものもありますから」と、田村vs秋山の実現にGOサインを出した。

また、前田氏は秋山の復帰問題に関しても改めて言及。
 
「秋山のことをすべて擁護するわけではないが、管理者(HERO’S側)の責任も半分あるということ。そもそも柔道着は入場までのコスチュームなのか試合コスチュームなのかをハッキリさせなかったし、本当はリング上でコスチュームを変えるのを認めることはありえないことだった。それなのにリング上で柔道着を脱ぐことを認めたのは管理者の甘さがあったから」とし、最も問題になった全身にクリームを塗布していたことについても「クリームにしても、外国人なんか控え室で当たり前のように塗っているヤツがいるし、リング上で一度チェックして滑らなかったからそれでいいというよなう甘い感覚が管理者の中に当時あったのも事実。あの件は責任が管理者と秋山で半々。それを秋山一人に押し付けるのは、ちょっと違うんじゃないか」と、持論を展開した。
引用 ヤフー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070715-00000024-spnavi-fight
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
早くアレモンの記事を削除してください。  
2007/07/15(日) 23:49:16 | URL | フリエサポ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック